読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aqutras Members' Blog

株式会社アキュトラスのメンバーが、技術情報などを楽しく書いています。

筋トレの勧め

お久しぶりです。hayabusaです。

今日私がおすすめするのは筋トレです!
日常的にスポーツをしていない人が、筋トレをしているというと、「なんでやってるの(笑)」「何目指してるの(笑)」なんてよく言われます。
しかし、筋トレは普段運動をしない人でも大変おすすめなんです!
もちろんスポーツを普段している人にとっては更におすすめです◎

誤解

最近では、少し誤解が溶けつつありますが、筋トレ(ウエイトトレーニング)をすると「筋肉が固くなる」、「可動域が狭くなる」、「体重が増えて動けなくなる」、「怪我をしやすくなる」・・・などの全く根拠の無い迷信がありますが、ほとんどそれは嘘です。

筋肉むきむきの体操選手やラガーマンの動きが遅いというイメージがありますか?
可動域が狭いように思えますか?

筋トレをすると女性でもムキムキになってしまう?
完全な嘘です。
女性は男性よりも筋肉の成長に重要な要素である成長ホルモンのテストテロンという物質が少なく、どんなに頑張ってもムキムキにはまずなりません(お薬を使えば別ですが)
代わりにスレンダーな体を手に入れることができます。

筋トレのメリット

理想の体に

先ほど行ったように女性であれば引き締まったスレンダーな体を
男性であれば若々しくたくましい体を手にすることが出来ます。

脂肪を燃やす

筋肉量が増加することによって、基礎代謝が上がり脂肪が燃えやすい体になります。
時間はかかりますが、食事制限に比べてリバウドもしにくいので、長期的に見れば最も効果的なダイエット方法であると思います。

腰痛の改善・予防

私自身中学時代の部活動で椎間板ヘルニアを患い、中学時代はほぼ常時、高校時代は運動時にコルセットを着用して生活をおくるような腰痛持ちでした。
昨年、ヘルニアを再発し、再び常時コルセットを付ける生活を余儀なくされたのですが、スポーツ専門の整形外科で筋トレを勧められ体幹周りの筋トレをすることで、今では運動時でもコルセットを付けずに動けるようになりました。
長時間座って仕事をするような方だと、体幹周りの筋トレを行うことで、背骨を支えている体幹の筋肉を鍛え、座って起こる不快感を減らしてくれます。

気持ちが前向きに

筋トレはセロトニンなどの影響で、心理状態をポジティブにしてくれる作用があり、うつ症状改善に効果があります。
また脳からドーパミンという物質が出て、気持ちを前向きにしてくれたり、幸福感を高めてくれる効果があります。
スポーツをした後の清々しさもドーパミンが関係しています。
筋肉が付けば、自然と自信も付きます。

日常生活を軽やかに

筋トレを通じて体への意識を高め、筋肉を正しく使う方法を知れば、日常生活においてもそれぞれの動作の中で最適な筋肉の使い方ができ、より効率的に動けようになります。

睡眠の質向上

運動をすることで睡眠の質が良くなることは明白です。
ただし、就寝直前の筋トレは交感神経を活性化させて興奮状態になってしまい、寝付けないなんてことになるので、出来れば寝る前の2時間前からは筋トレは控えたほうがいいです。

最後に

筋トレをしようと思ってもジムに行かなければいけないんじゃないの?と思うかもしれませんが、体を鍛えるために必ずしもジムに行く必要なんてありません。
自宅での自重トレーニングでも、やり方や時間、ちょっとした体の角度を調整するなどすることで、十分な効果が期待できます。

今回は主に筋トレのメリットについて書いていきましたが、次回から実際にどのように取り組んでいけばいいのかを書いていきたいと思います。
生活に筋トレを取り入れて、健康的に楽しく人生を過ごしましょう!

おまけ